太陽系のことや惑星などにあたって勉強してた

太陽系などについて探究しました。クワオアが約1000km、エリスが約2500km、公転間隔は冥王星が約250層、クワオアが約290層、エリスが約560層って推定されていらっしゃる。日ってそのまわりの惑星は、現在から46億層前に宇宙剰余にただよう瓦斯やくず(星内もの)が回転しながら圧縮することによって誕生したと考えられています。星内もののほとんどは水素(92%)とヘリウム(8%)で、その大部分が中心部に集まって原始日を形成し、残りの星内ものを通じて原始日のまわりを回転する円盤が形成されました。これを原始太陽系星雲といいます。次に、こういう星雲の中の固体原料が円盤部に集まって固体微粒子階層が形成され、これが分解して直径1〜10km程度の微惑星が豊富形成されました。こういう微惑星は共に衝突・組立てをくり返して徐々に大きなものになり、間もなく原始地球や他の原始惑星となりました。知らないことを知れて良かったと思います。http://www.designarch.co/